本文へスキップ

World Shift 社会変革への取り組み

HOME>ケーススタディ

ケーススタディ〜心の変革からWorld Shift 社会変革を〜

■ケーススタディ

※以下のケーススタディを考える際に、そのベースに「理念哲学」を使っています。非常に哲学的内容で若干難しいと感じるかもしれませんが、こちらもご参照ください。

1. 政治および経済


 1-1. 資本主義崩壊の8つの原因と経済再生への3つの視点
 1-2. 現代資本主義経済の搾取性とマルクスの思想
 1-3. 短期利益の追求と資本主義の崩壊
 1-4. 民主政治改革
 1-5. 民衆の運動による社会の変革
 1-6. 社会の幸福と経済計算
 1-7. 徳治主義と民主主義
 1-8. 正義について~自由と平等~
 1-9. 政治が遅々として進まない理由
 1-10. 社会改革


 1-11. ポストトゥルースの時代
 1-12. ポストトゥルースと唯物論的弁証法
 1-13.
 1-14.
 1-15.
 1-16.
 1-17.
 1-18.
 1-19.
 1-20.


 1-21. 経済変革@安定的な経済(不安定な投機取引からの脱却)
 1-22. 経済変革A中身のあるプロセス視点の経済(短期の結果重視の経済からの脱却)
 1-23. 経済変革B余裕ある経済(効率化重視のサプライサイド経済学からの脱却)
 1-24. 経済変革C競争から協業への変化~個性の時代~
 1-25. 経済変革D心ある経済
 1-26. 経済変革E安心ある経済
 1-27. 経済変革F誠実な経済への移行
 1-28. 経済変革Gリカードの比較優位の実現
 1-29. 経済変革H新しい経済フロンティア
 1-30. 経済変革I奉仕型経済の実現とお金のない世界


 1-31. 働き方変革9つの方法~資本主義再生への働き方~
 1-32. 資本主義再生への課題と解決策
 1-33. 働き方変革3つのポイント
 1-34.
 1-35.
 1-36.
 1-37.
 1-38.
 1-39.
 1-40.


2-1.職業、仕事

 2-1. 年収300万円時代にどう生きるか?
 2-2. リストラと競争社会どう生きるか?
 2-3. 競争社会で生き抜くには?
 2-4. なんのために働くの?~働く目的~
 2-5. 成功することや、お金持ちになることは重要?
 2-6. 株、FX、宝くじについて
 2-7. アーリーリタイアメントしたい
 2-8. 仕事を辞めたい、転職したい
 2-9. 仕事鬱、燃え尽き症候群
 2-10. 成功したい

 2-11. 成功と言える条件
 2-12. 見返りを期待してはいけない理由
 2-13.
 2-14.
 2-15.
 2-16.
 2-17.
 2-18.
 2-19.
 2-20.

2-2.ビジネスの悩み

 2-21. パワハラに悩んでいる
 2-22. 仕事がない
 2-23. 長時間労働が続き悩んでいる
 2-24. 同僚のパフォーマンスが気になる
 2-25. 干されているように感じる
 2-26.
 2-27.
 2-28.
 2-29.
 2-30.


3. 人生について

 3-1. 清い心で生きること
 3-2. どうすれば幸せになれる?
 3-3. 競争社会に対する親鸞の教えの現代的な意義
 3-4. 生きる目的って?
 3-5. 自らの限界を乗り越えることと、自らの限界を乗り越える方法。
 3-6. 自殺について
 3-7. 老いに対する恐怖、病に対する恐怖
 3-8. 余命宣告、そして死
 3-9. 苦しみから逃れたい楽になりたい
 3-10. 部屋のモノを捨てることについて


 3-11. 大好きなことをやって生きたい!
 3-12. 大好きなことを見つけて個性を表現する
 3-13. いくらがんばっても報われない
 3-14. 自分が何者かわからない
 3-15. 生きるのが苦しい
 3-16. 死にたい
 3-17. 社会が間違っている・・・
 3-18. 人間関係がうまくいかない
 3-19. 相手が言うことを聞いてくれない
 3-20. トラウマについて



4. 悩みについて

 4-1. 鬱はどうすれば治るの?
 4-2. なぜ自分には友達がいないの?
 4-3. 彼氏(彼女)が異性と話しているのを見ただけでも心がかきむしられる・・・
 4-4. 自分には何の価値もないと思う・・・
 4-5. 他人の成功が妬ましくて仕方がない・・・
 4-6. 自分の気持ちが、感情がわからない
 4-7. 他人に興味が持てない・・・
 4-8. 自分のことが嫌い
 4-9. 容姿に自信がない
 4-10. つまらない


 4-11. めんどくさい、何もやりたくない
 4-12. 人から嫌われている
 4-13. 自己顕示欲が強く干されている・・
 4-14. 嫌なことから逃がれたい・・
 4-15. 学歴に劣等感がある
 4-16. 人の幸せを見ると壊したくなる・・・
 4-17. 人の輪に入れない・・・
 4-18. 人に嫌われるのが怖い
 4-19. 悩みの解決@~対自分~
 4-20. 悩みの解決A~対他人~




5. 科学と哲学

 5-1. ユートピア社会とは何か?
 5-2. 農耕社会と近代社会のバランス
 5-3. 空間に関するコペルニクス的転換
 5-4. 時間に関するコペルニクス的転換
 5-5. 時空移動と未来科学
 5-6. 資本主義経済再生への4つの視点
 5-7. 次世代の経済の価格決定理論/エネルギー価値経済
 5-8. お金の無い世界
 5-9. 世界全体の構造
 5-10. 宇宙人と宇宙時代



6. 哲学

 6-1. 認識論~「認識論的相対性理論」~
 6-2. ソクラテスはなぜ一冊も本を書かなかったか?
 6-3. 哲学と宗教の違い
 6-4. デカルトの哲学
 6-5. 大陸合理主義哲学と経験論哲学
 6-6. カントの哲学
 6-7. 証明と信仰
 6-8. 科学と哲学
 6-9. 空間の本質
 6-10. 時間の本質


 6-21. 近代プロジェクト
 6-22. 現代哲学の近代哲学批判
 6-23. キルケゴール、サルトルの実存主義哲学
 6-24. 構造主義哲学~レヴィストロース
 6-25. フッサールと現象学
 6-26. 主観と客観の一致は確認できるか?
 6-27. 認識とは何か?
 6-28. 現代哲学の認識レベルについて
 6-29. 多様な価値と知の混乱
 6-30. 現代の危機




6-1. 理念哲学

 6-11. 他者への意識
 6-12. 空間的な性質
 6-13. 受容性
 6-14. 平等性
 6-15. 感受性
 6-16. 自分への意識
 6-17. 時間的な性質
 6-18. 積極性
 6-19. 自由性
 6-20. 知性




7. 宗教

 7-1. 神とは何か?~神の正体〜
 7-2. 万教帰一
 7-3. あの世について
 7-4. 悟りとは何か
 7-5. 霊能力と漏尽通力
 7-6. 選民意識
 7-7. 宗教に携わる人の犯しやすい間違い
 7-8. 釈迦にも間違いがあった
 7-9. 悟ればすべての苦しみから解放されるか
 7-10. 宇宙即我とは何か?





このページの先頭へ

団体:World Change
主催:小倉大玄

【お問合せ】
E-mail: mtws.office@gmail.com
担当:山田和博